人気ブログランキング |

幻想入り1B

戦闘

 彼女の手から、中央部に燐光を灯した闇が撒き散らされた。
 私がその目で追える程度のスピードに対して、観察しようと色気を出した瞬間、左手が勝手に動き、闇の通る軌道を薙いだ。

「白丸、黒丸? 一体!?」

 勝手に動いた左手。
 私が蛇達に何事かあったのかと思うまもなく、ジャッという、なんともいえない音がし、闇が弾けた。
 その音を喩えるなら、工業用サンドブラストの作動音だろうか。
 どうやら、見える以上に闇の塊の大きさは大きいようだった。
 私が中央部の燐光につられて避けたつもりになっていたら、夜に紛れたその外周に削られていた。
 ちなみに弾いた塊の行く先では、立木の幹に荒くやすられたような擦過痕が残っているのが見えた。

「け、結構しゃれにならない威力ですね。
 どういう理屈で、闇を固めると物理的な威力のある粒子になるんだか。
 えーーい、忌々しい」

 思わず、ボヤキが漏れた。
 その間も辺りでジャリジャリガシガシと破砕音が続く。
 私は近くしか把握できていないが、彼女の攻撃範囲は相当広いらしい。

「まったく、どれだけの数の弾を、
 弾数制限とか、一球入魂とか言う言葉は知りませんかっ?」

 私は、彼女が掴みかかってくる所に、けん制を撃ち込んで、護符叩き込んで泣かせるつもりでしたが、彼女に飛び道具があるとか、こちらよりも射程が長いとかは想定外ですね。

「ねえ、その鉄砲は飾りなの?」

 私のボヤキを見通したかのようにそんな事を仰るルーミア嬢。

「ぐっ……痛い所を突きますね。
 撃ちたいのは山々ですが……」


 私の持っている拳銃は、出来のいいモデルガンを改造した似非拳銃。
 実包は打てず、燃焼ガスで溶かした流体を、ガスの勢いで飛ばすもの。
 飛ばす物のレシピは塩、銀、丹、沙……俗に言う魔よけ。
 射程は5-6メートルで飛散範囲が2メートルほど。
 半実体化した餓鬼等には覿面に効果が出ますが……。
 彼女ほどの実体を持つ相手に利くか……痛みには弱いようですから、けん制にはなると思っていつも持っていたのですが。

 近いのは弾き、間に合うのは避けつつ、私は少しずつ明かりのある所へ移動する。
 彼女が闇を武器化しているせいか、いつの間にか、空には月が明るさを取り戻していた。

「逃げるばかりだと弾幕ごっこにならないわ」

 ゆっくりと散歩でもするように、歩きながら私の後を追う彼女。

「ごっこなんていう可愛いものですかこれが!!」

 私は転げるように走るものの、余計な動きのせいで距離を稼げていない。
 それでも何とか、祖父の家の近くまで逃げ延び、家の影に入って彼女を待ち伏せた。
 足音を頼りにタイミングを計る……。

「?」

 足音がしない。
 途端、背中に悪寒が走った。
 前に飛び込む様に跳ねて、前転して受身。
 振り返った先に闇が打ち込まれていた。

「上?」

 唖然とする私に声が振ってきた。

「……残念」

 とは言いつつも、私が避けたことで楽しみが続くとでも言わんばかりの笑みが、見下ろす彼女の口元に浮かんでいた。

「冗談……」

 彼女は飛んでいた。

「さあ、早く泣かせてみて」
by katuragi_k | 2008-04-02 21:02 | SSもどき
<< 幻想入り2A 人間、死にそうな目に会うのはそ... >>