人気ブログランキング |

暇つぶし29

> ご苦労様です。 頑張って下さい。

 ありがとうございます。

> 目の付け所が面白いと思いますし、続きが楽しみです。

 目指せ変な奴、隙間三行が合言葉です。

> ジュエルシードに憑依したんですか……無機物ってありなんですか?

 ジュエルシード自体が何かという話になりますが、単なるエネルギー結晶にしては、容量が問題になりそうな位にデバイスにひょいひょい捕獲させてますので、エネルギーレベルの違うところに繋がった門ないしは穴を固定化&制御する為のデバイスないしは情報体とか考えてみる。(単純にスゴイ効率で増幅してくれる謎トランスミッターだったりして)
 何の作品だったか、各種のエネルギーの世界に繋がった宝玉だの、別宇宙に繋がる銃二丁とか(『敵は海賊』のラテルとヨウメイのレイガンとフリーザーだっけ?)そんな感じ。
 前前回で剥がれたのは、実はジュエルシードの中の通路にある、エネルギーの圧に誘われて異界の門が行っちゃったせいで、安定してエネルギー飲めてる間、主人公は動いてなかったと。
 それが、実験やら何やらで騒がしくなって更にレリックとか言う、謎目標につられた上に、機械に乗っけられて主人公沸いて出たとか言ってみる。
 この世界の知能機械って、実はコア部分は機械じゃないような設定をどっかで見たような気がするので(二次創作の話だったりして)、単純な無機物じゃないという感じにしておこうかなとか・・・。


>麻子さんらはどうしたんでしょう?

 出ました。



「ちっ、ありゃジャミング関係ないんだろうな」

 飛んでくる魔力刃のけったいな構成。
 剥離しやすく、しかし堅牢で飛散しやすい外殻を数段に重ねたそれは、剥がれるの前提というか、むしろ剥がれて飛散したそれでジャミングを排除して中の本命を届かせようってのが見える。

 それでも、やるしかないってのはあるが……AMF展開。
 少しづつ削れるそれだが、やはり中に干渉できてない。

「しかも、なんかスピード無い分、コントロールされてるような……」

 狙われてるのは胴体横の兵装ハードポイントのある辺り……地味に装甲ゆるいとこ。
 角度変えても追っかけてくるので、構造読まれてるのかね。

「駄目だ……着弾必至、ならば!!」

 格闘戦用か、作業用マニピュレーターなのか、実用性がかなり微妙だが、パワーとゴツサのある腕を展開。
 ベルトか、戦車の履帯のようなそれを伸ばして魔力の刃をぶん殴る。
 魔力の塊のはずが、凄まじい物理衝撃と爆発力で俺の体を吹っ飛ばす。

「づがーん……ダメージデカッ!!
 脇腹守って、肩ごと吹っ飛んでどうするよ!!」

 ベルトアームとでも言う、それは根っこから吹っ飛んでいた。
 これではもう一発食らったら、どこに当たってもアウトって言ってる端から、コスプレ嬢ちゃんは次の一撃振りかぶってたりして。

「どうにかしないと!!」




「なんだろう、動きがおかしいな……早く決着をつけた方が良いかな。
 もう一撃いくよ、バルディッシュ」

――Yes sir.

 フェイトがなにか、その機体に迷いの無い機械の動きとは異なる、揺らぎのような違和感、そして不気味さと不安を感じ、決着を急ぐべく、次の一撃を準備したとき。
 それは、ありえない行動を起こした。




「ライラちゃん!! 麻子さん!! ヘルプミー!!」
(久々に呼ばれてみれば、いったい何事だ)
(おお、旦那様、メカですよ!!)

 久々に聞く声に安堵を感じつつも、どのあたりで俺という個人を判別してるのかじっくり聞きたい気もするが、今は時間が無いのと何とか逃げ出す方策を先にお願いしたかったのでパス。

「三人よればナントやらってことで、何かないでしょうか!!」
(こんなのはどうでしょうか?)
「どんなの?」
(人質とって、それを楯に交渉するのですよ)

 何気に非道。

「ライラちゃん怖い子」
(でも、私が人質になれば別に誰にも迷惑かからないですよ)
「なるへそ」

 ライラちゃんの意見に即決。
 手段的には人間としてどうかと思ったが、俺は現在人間じゃないっぽいので、まあ良いかと実行。

「きゃーあー!! たーすーけーてー!!」

 ちと離れた所に姿を現したライラちゃんを、残ってるベルトアームで抱え上げる。
 少し安定が悪そうだが、しっかりつかまってくれてるので大丈夫のようだ。
 そして、前述のような台詞を、ライラちゃんに思いっきり叫んでもらった。

「こーろーさーれーるー」

 流石に、これにはコスプレ嬢ちゃんも動きを止めた。
 まさか、機械が人質とるなんて、想像もつかんだろうが……さて、どうなるだろう。
by katuragi_k | 2007-06-29 20:53 | 暇つぶし
<< 暇つぶし30 暇つぶし28 >>